予算別にオリジナルカレンダーのサンプルを紹介します

オリジナルカレンダーを作成する魅力には、名入れをすることで数日や数週間だけでなく1年間を通して社名を宣伝できる優れた販促物です。カレンダーに予定を書き込むことが可能なので、頻繁に目に触れると言えます。オリジナルカレンダーを作成することで企業のこだわりを大きく紙面にのせることができ、ここまで社名をアピールできる販促物はありません。カレンダーの配布時期では年末年始が適していていますが、4月からスタートするカレンダーを作成することで年度が開始する春季にも配れるというメリットがあります。オリジナルで作成を行なう魅力には、なんといってもデザインが豊富なことで、他にはない個性を持たせたカレンダーに仕上がること間違いありません。今の時期は込み合うことが予想され、使用したいデザインが品切れの場合が多く早めの作成が急がれます。

オリジナルカレンダーの選び方のコツ

オリジナルカレンダーの種類には、定番の卓上タイプや壁掛けタイプが主となりますが、個性を出したい方では、作成を依頼する店舗独自で打ち出しているオリジナルタイプがおすすめです。デザインでは、花、動物、風景、芸術など1000種類以上が随時取りそろっています。オリジナルカレンダーの作成では、1年間のお礼と翌年もご愛顧いただけるよう気持ちも込めて、渡す相手を考え商品選びを行なうことが大切です。古いお付き合いがある方では基本的に、昨年と同様のカレンダーをお渡しするのが良いですが、嗜好を凝らしていつもとイメージが違う物を渡しても面白みが合って良いです。女性の多い職場では、事務所のイメージを盛り込みデスクに置きやすいサイズがおすすめです。同業者や他の業者からもたくさんのカレンダーをもらう方には、おもしろみがあり個性的なカレンダーがおすすめです。

予算別にオリジナルカレンダーを作成する方法

販促物を多く手掛けている会社では、初めてオリジナルカレンダーの作成を利用する方向けに、おすすめ商品や在庫の有無、印刷方法、納期時期、見積もりまで丁寧な案内を行ってくれます。予算や納期に合ったデザインや、希望の商品が他社で品切れとなってしまい代替え品を探している場合など、様々なニーズに対応可能です。同じ名入れカレンダーでも、既存のデザインの色や印刷方法、形を変えることで独自オリジナルカレンダーができ、社名や名前を際立たせるためには重要なポイントです。カレンダーをノベルティで使いたいというアイディアにも対応可能で、ポケットティッシュやうちわ、ボックスティッシュに留まらず、ポケットティッシュと面積が変わらない缶ドロップでも作成可能です。アイディア次第では紙面という形だけでなく、様々な商品と掛け合わせることが可能でできあがる商品は無限です。